• ホーム
  • クレーターのようなニキビ跡はトレチノインでキレイになる

クレーターのようなニキビ跡はトレチノインでキレイになる

2019年10月17日

美容を実現する上で悩みとなりえるのがニキビ跡です。
ニキビはクリームなどを塗ることによって治せる可能性が高いですが、ニキビ跡の状態になるとなかなか治せない恐れがあります。
そこで便利なのがトレチノインです。トレチノインを使用することにより、ピーリング作用が起こりニキビ跡を治せる可能性が高まります。
ピーリング作用が発生すると肌にはターンオーバーが起こりやすくなります。
ターンオーバーは新陳代謝なので、古い肌から新しい肌へと切り替えることが出来ます。
それゆえに肌トラブルを予防するためにはターンオーバーを正常化させることが重要となります。
また、保湿を行うことも肌の環境を整えることが大切です。

保湿を行うときに有効な成分のひとつがヒアルロン酸であり、多くの美容用品に配合されています。
ヒアルロン酸は水分をたくさん含むことが出来る物質であり、人の皮膚の中にも存在します。
しかし、年齢を重ねることによってヒアルロン酸の量がどんどん減っていきます。そこでヒアルロン酸を含むスキンケア用品を使用することが重要となります。
ピーリング作用を持ち、ヒアルロン酸を含む成分を使用することが有効といえるでしょう。

肌のシミの原因となるのがメラニン色素の沈着です。
肌の細胞は何度も体細胞分裂を行いますが、その時にメラニン色素が沈着してしまうこともあります。
トレチノインをはじめとする成分を意識的に取り入れることにより、メラニン色素が沈着を予防することが出来ます。
その点からもトレチノインを使用することは有効です。
コラーゲンはヒアルロン酸を同時に取り入れることが有効となります。
コラーゲンを含む製品は非常に使い勝手が良いとされます。
皮脂の分泌が毛穴に詰まってしまうと、ニキビが発生してしまうことがあります。
皮脂の分泌量が多いとニキビができやすくなります。
洗顔を適度に行い、皮脂の分泌に対応していくことが大切です。

ただし、洗顔を行いすぎると肌のバリア機能まで失ってしまうことがあります。
そのため、洗顔の回数は1日に2回、多くても3回までにとどめておくことが重要といえるでしょう。
肌のハリが失われてきたという場合も保湿成分を意識的に取り入れることが大切です。
保湿がなされていると肌が刺激に強くなるので、毛穴が小さくなりハリが失われにくくなります。
それぞれの肌に必要な成分があり、自分の肌に足りていない成分があるとすればそれは何かという視点でスキンケア用品を探すことが重要となっています。