• ホーム
  • 30代から気になり始める肌のシミを消す方法を教えます

30代から気になり始める肌のシミを消す方法を教えます

2019年09月22日
洗顔する女性

どんなに気を付けていてもシミが出来てしまうことはあります。
その際にはどうやってケアをして、なくしていくかが重要となります。
シミ対策によく使われているのがプラセンタセキスです。

プラセンタセキスとは、哺乳類の胎盤から抽出したエキスであり、成長に必要な栄養成分がたくさん含まれています。
この栄養成分を得ることにより、肌のターンオーバーを活性化することが出来ます。
シミをなくすために重要な成分の1つとしてビタミンCがあります。
ビタミンCは美容用品にも食品にも含まれているので、取り入れること自体がそこまで難しいわけではありません。

しかし、ビタミンCをたくさん摂取したとしてもそれがシミケアに使われるとは限らず、なかなか影響を及ぼすことが出来ないケースもあります。
そこで非常に重要となるのがビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体はさまざまなスキンケア用品に含まれており、ビタミンCをスキンケアに活用出来るように誘導してくれる成分です。
シミをなくすことが出来ない場合は、隠すということも選択肢にはいります。
その際には美白クリームを使用するケースが多いでしょう。
美白クリームによく配合されている成分の中にはアルプチンがあります。
アルプチンは美白に重要な成分であり、安全性も高いことから注目されています。
そばかすなどを隠したい場合もアルプチンが大切な役割を果たします。
アルプチンは市販薬にもよく配合されているので、そばかすやシミなどで悩んでいる方は特に使用することにメリットがあります。

肝斑に悩んでいる方も珍しくありません。
肝斑は両頬の左右対称に出来る薄茶色のシミのことであり、女性ホルモンの乱れによって現れるとされます。
女性ホルモンを補える大豆イソフラボンなどを取り入れることで、肝斑を改善できる可能性があります。
肝斑を隠すためには美白クリームが有効ですが、消すためにはイソフラボンが有効です。

肌のシミやそばかすは消すことも重要かもしれませんが、悪化させないように刺激を防ぐことも大切といえるでしょう。
たとえば紫外線の強い季節には長時間紫外線にさらされることにより、悪化してしまう恐れがあります。
市販薬の中には刺激を抑えたものと、刺激の強いものがあります。
肌の状態が良くないときに刺激の強い成分を取り入れてしまうと、症状に悪い影響が出てしまうこともあるので注意しておきましょう。
天然成分中心のスキンケア用品を使用することで刺激を抑えることが出来ます。